色白になりたい人のための賢いスキンケア化粧品の選び方

あなたはどのような効果に重点を置いて化粧品を選んでいますか?
保湿やアンチエイジング等いろいろな部分に重点を置いた化粧品がたくさん販売されていますが、なかでも一番女性が気になるところは「美白」でしょう。

 

 

 

実際お店には以前よりも、美白に重点を置いたコスメがたくさん取りそろえられているのを目にします。

 

 

 

昔のことわざで「色の白いは七難隠す」と言われていますが、白さを保つことはそれだけ若くきれいに見える、つまりアンチエイジング効果も得られ、一石二鳥ともいえますね。

 

 

 

あなたにぴったりの美白化粧品を見つける!上手で賢い選び方

美白というと、「とにかく白くする」とか「できてしまったシミをとにかく消したい」という思いが先走ってしまうもの。
気持ちばかり焦って化粧品をそろえてはみたものの、実際使ってみると肌に合わず、高いお金を出して買ったのにもかかわらず結局お蔵入りしてしまう…
なんていう失敗をしてしまった経験のある方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

そんな失敗をしないために、まずは、どの部分にどのような効果を求めるのかを整理してから美白化粧品を購入しましょう。

 

 

 

美白は大きく2種類に分かれている

 

@「予防のための美白」

とくに大きなシミなどは気にならないけれど、将来シミができたり肌がくすんでくるのを少しでも遅らせるための美白です。

 

 

 

この場合は、美白以外の使用感にも重点を置いて化粧品を選びましょう。
美白化粧品は、さっぱりした使用感のものが多く肌が乾燥しやすいとよく言われますが、決してそうではありません。

 

 

 

化粧品メーカーが美白化粧品を特に売りだすのは、紫外線が強くなる春から夏にかけて=暑さが厳しくなるときです。

 

 

 

つまり必然的に、肌がべた付く時期なので、さっぱりした使用感のものが多くなります。
そういった時期に、テレビCMだけでついついはやりのものを買ってしまうと、結果的に保湿力の弱い化粧品にたどり着いてしまうのです。

 

 

 

べたつく時期は気づかなかったけど、乾燥の時期になって気がついて「美白化粧品は全体的に乾燥しやすい」と言われてしまうのです。

 

 

 

では、どのようにして選べばよいのか?
それは、秋冬にもコンスタントに取り扱われていたり、CMが流れているような美白化粧品を選んでみましょう。

化粧水を手のひらに出しているところ

美白自体、紫外線が強い時期だけではなく、一年中注意してケアしないと意味がありません。
べたつく時期だけ販売されているような美白化粧品もありますが、そういったものはすなわち保湿力が弱い、と考えてよいでしょう。

 

 

 

普通の化粧品を購入する時にも言えることですが、カウンセリングブランドをデパートなどで購入するのがベストです。

 

 

 

 

販売員さんのアドバイスを聞きながら、まずはサンプルを数日分もらって、美白以外の保湿やその他の部分で自分の肌に合っているかどうかを確認してから購入しましょう。

コットンで肌に化粧水をなじませているところ

ドラッグストア等、サンプルが手に入らないところで購入するのであれば、冬場でも目立つ所に置かれているかどうかが選ぶうえでの一つの基準になるでしょう。

 

 

 

ネット購入できるものは、お得なトライアルセットを用意しているところが多いので、まずはそれを使って、あなたの肌に合っているかどうか確かめましょう。

 

 

どんなに高価な化粧品を使っても、1週間や2週間といった短期間で効果はあらわれるものではありません。

 

 

 

美白以外の部分で肌に合うものを選び、継続利用して初めて美白の効果が得られるものなのだということを頭に入れて、化粧品を選んでみてください。

 

 

 

A「できてしまったシミに対するスポット美白」

手鏡で頬骨のシミを苦々しく見ている女性

できてしまった狭い範囲のシミを美白するのであれば、とにかく美白効果を一番に考えて選んでよいでしょう。

 

 

 

美白効果が期待される成分(ビタミンC誘導体や、ハイドロキノン等)が多く含まれている化粧水や美容液などを選びます。

 

 

参考:ハイドロキノンの効果はどれくらい?透き通った色白肌へ導く

 

 

 

スポット使用が前提なので、肌荒れ等が起こるようなものはよくありませんが、そうでなければ保湿等の効果はあまり重要視せず選んでも問題ありません。

 

 

 

もし、その部分だけ乾燥するようであれば、浸透した後にいつも使っている化粧水や美容液を重ね、保湿してもよいでしょう。

頬に手のひらをあてて目をつむっている女性

ただし、スポット美白に重点を置いた商品は、比較的価格設定高めのものが多いので、できればこちらもサンプルを数日使用してみることをお勧めします。

 

 

 

“なんとなく”でもかまわないので、数日使用してみて効果を感じられるか等といった使用感ももちろんですが、商品の内容量に対して自分の肌に一回に使う量を確認し、総合的に見て「続けられるか」という部分を判断することは大変重要です。

 

 

 

予防美白のための化粧品より即効性があったとしても、継続することが重要であることは予防美白用の化粧水と同じなのです。

 

 

 

いかがでしたか?
数多くある美白化粧品の中から、用途別に自分に合ったものを見つけるのは大変かもしれません。
しかし、「美白は一日にして成らず」。

 

 

 

美白化粧品は、あれこれ浮気せずにこれだと思うものを継続利用することこそが美白への近道になりますので、ご紹介した内容を参考にして自分に合う美白化粧品を探してみてください。

 

 

 

わたしは、ビーグレンをおすすめしています。
配合成分のハイドロキノンは「お肌の漂白剤」とも呼ばれるくらい美白効果が高いものです。
ビーグレンの独自技術で、肌トラブルの元まで届けます。

箱に収められたビーグレントライアルセット

あなたも、ビーグレンで色白肌を実現させてみませんか?

 

参考:シミにはビーグレンのホワイトケアトライアルセットです。