10代・20代の蓄積が肌に現れる

10代のときは30代以降の事なんて全く考えませんよね。
その時は凄くぴちぴちした肌だし、自分が肌が衰える事はない・・なんて自信が
多少なりともあると思うので必死に紫外線対策などをする子は少ないと思います。

 

 

しかし、だんだんと30代になるにつれて、
肌が衰える事を身にしみて感じ、その時に初めて焦りを感じるのです。

 

 

昔、ガングロに焼いた肌は、その時は良いかもしれませんが、
年齢が経つとそれが大変な大ダメージになる事を頭に入れておいてほしいです。

 

 

なぜ、急に30代になるとシミなどが出てくるのか?

それはきちんとした理由があるのです。
30代になって急に肌が衰えて出てくるわけではありません。
10年〜20年くらい長い期間に蓄積されたメラニン色素が、
肌が衰えてくる30代に一気に症状が現れ始めるからです。

 

 

この20年間紫外線に当たってた場所がシミが出来るわけではありません。
基本的に体の中は全て肌が老化しているのです。
シミが出てきて慌てて美白コスメをしても完全に元通りの肌になる事はありません。

 

 

シミが薄くなったり・・という程度です。
なので、シミが出てくる前に美白コスメで防止してやることが一番大事なのです。
もし美白する前に、すでにシミが出てきて、
もう遅いと思い何も対策をしないとおおごとになります。

 

 

数年後、後悔しないためにも日頃から美白ケアは続けていきましょう。

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

参考:シミにグッドバイ!ビーグレンホワイトケアトライアルセット

 

そのシミの部分にどんどん紫外線が吸収していき、
更に濃いシミが出来あがってしまいます。

 

 

たまにほくろなのか、シミなのか分からない大きな塊が顔に出来ている人っていますよね。
そうならない為にも、日頃から美白スキンケアを行う事は非常に大切なことなのです。

 

 

今はたくさんの美白コスメ種類がありますが、
自分の肌に合わないと逆にかぶれを起こしたり顔が赤くなってかゆくなる事があります。
しっかり自分に合ったコスメを見つけるかが大事です。