とにかく色白になりたい|皮膚科に行く前に読んでほしい

美白に効果的だと評判の「ハイドロキノン」ですが、
使用する際にはいつくか注意すべきことがあります。
使用方法についてきちんと知り、安全に美白を目指していきましょう。

 

 

 

まず、医薬部外品に分類される美白化粧品の場合は、
ハイドロキノンは4%以下の配合率になっています。

 

 

そして、配合率が4%以上の場合、医薬品に分類されています。
10%のものなどは非常に強いので、
肌が弱い方が使うと赤みを引き起こすことも多くあるようです。

 

 

当然、医薬品の方が高い効果は期待できますが、
その分、反作用で副作用も大きくなってしまいますから、
敏感肌の方などは濃度の低いものや、美白化粧品を使った方が良いでしょう。

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

 

オレンジの矢印QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」

 

 

 

また、朝に使用する時には、紫外線対策も必ず行って下さい。
ハイドロキノンを塗ってシミの改善を促しても、
紫外線対策ができていなければ意味がありませんよね。

 

 

ハイドロキノンの効果に甘えず、
日頃から他の美白ケアも怠らないようにしましょう!

 

 

また、化粧品の効果に限界を感じている場合は、エステサロンの美白コースもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加