美白化粧品をセレクトする基準は?ハイドロキノン配合がオススメ!

「肌を白くしたい!」と思ったら、まずは美白化粧品を使い始める方が多いのではないでしょうか?
ここで理解しておきたいのは、
美白化粧品にも目的によりさまざまな種類があるということです。
それぞれの特徴を把握し、自分の目的にあったものを選ぶことが大切です。

 

 

美白化粧品の特徴

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

例えば、保湿成分が豊富で肌のターンオーバーを促すものがあります。
角質層に浸透する化粧水などが、そういった目的です。
美白を保ちたい方にはおすすめです。

 

 

また、皮膚の専門家が開発したものなどには「ハイドロキノン」が配合されており、
シミを薄くしてくれる効果があります。

 

オレンジの矢印シミにグッドバイ!QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」

 

 

皮膚科では、「ハイドロキノン」自体を処方してくれることもあります。
これは既に肌にシミやくすみがあり、改善したい方に良いでしょう。

 

 

 

他にも、肌を清潔にしくすみをなくすための、
ミルククレンジングやピーリングなどもありますね。

 

 

これも肌のターンオーバーを正常に保つためのものです。
化粧が肌に残っていたりすると、鼻の角栓の原因にもなりますし、
くすみやシミの原因になってしまいます。

 

 

年齢を重ねるごとにターンオーバーの力が減ってしまうのですが、
定期的にピーリングをしたり、クレンジング方法を工夫したりと、
いつも新しい肌でいられるようにしましょう。
いつまでも古い肌だと、くすんだ肌になり、美白からは遠のいてしまいますよ。

 

 

 

確実に美白ケアをしたのであれば、きちんとした予防が何よりも大切

一度黒くなってからでは、ケアは大変なものになってしまいます。

 

 

まずは、1年を通して日焼け止めを使うようにしましょう。
冬でも紫外線は紫外線対策をきちんとすることが大切です。
また、行く場所や外にいる時間によっても日焼け止めを使いわけると良いですね。

 

 

注意して欲しいのは日焼け止めによって肌を乾燥させてしまうこと、
そして洗い残しができてしまうことです。

 

 

上記でお話し通り、乾燥や化粧残りはくすみやシミの原因にもなってしまいます。
日中は日焼けをきちいと防いだ上で、
その日のうちに美白化粧品でアフターケアを行うことが一番良い方法でしょう。

 

 

美白を目指すのは、なかなか簡単なことではありません。
でも、理想の肌を目指してお手入れを続ければ、必ず効果が現れるものです。
ぜひ続けてみて下さいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加