美白食べる|カラダの細胞は口からつくられる!

身体の細胞は口の中から入るものでつくられます。
お肌からの吸収は2割で口からの吸収は8割とも言われています。
2割だからと言ってお肌のお手入れを省く事は出来ませんが、
更に効果を上げるには口から摂取するとかなりの効果が期待できるという事です。

 

 

美白になるための食材はどういったものなのか?

紫外線が美白に大敵というのは言うまでもありません。
紫外線は活性酸素を身体の中で発生させます。
活性酸素は、細胞を酸化させて破壊し、メラニンをつくる物質に刺激を与えます。
なので活性酸素を押さえる事が必要です。

 

 

活性酸素を押さえる成分はアスタキサチンです。
アスタキサンチンを含む食べ物は、エビ、タイ、キンメダイ、メバル、キンキ、カニ、筋子、海藻、イクラ、鮭、オキアミなどがあります。

 

 

中でも特に鮭、イクラ、筋子は多くのアスタキサンチンが含まれています。
アスタキサンチンは赤色の天然色素で、鮭やイクラの赤色はアスタキサンチンによるものです。
そしてビタミンCも抗酸化作用があり、
アスタキタンチンとビタミンCを一緒に摂取すると吸収率がアップします。

 

 

アスタキサンチンを含む食材とビタミンCを含む食材をたくさん食べるのは少し大変ですよね。
カロリーもオーバーしてしまします。
なのでアスタキサンチンとビタミンCを簡単に摂取するにはサプリメントが簡単です。
参考:ビタミンC1,000mgに加えL-システイン最大量240mg配合『ミルセリンホワイトNKB』

 

 

身体に吸収されやすい夜にサプリメントを毎日摂取する事でさらに効率よく身体に吸収します。
日焼け止めを塗って紫外線を浴びないようにしていても、
目からも紫外線は入ってしまうため、サングラスもしておくと更に効果的です。
外からはもちろん、美白に導く食材やサプリメントを摂取し体の内側から美白をしましょう。

 

 

また、内側からだけではなく、外側からも働きかけることで、
美白の効果をより早く実感できるでしょう。
スキンケアには美白化粧品を選び、陶器肌を手に入れましょう。
オレンジの矢印QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」