SPF数値の種類は?

美白の大敵である紫外線は、夏場なら特に念入りに、
そうでなくても年間通して気を付けたいものですね。
紫外線対策というと、大多数の方が利用しているのが日焼け止めです。

 

 

塗っておけば紫外線を防いでくれるという有り難い物ですが、
この日焼け止めを正しく選んで使っていますか?

 

 

日焼け止めの正しい選び方

 

間違った選び方をしていると、
肌への強いストレスとなって日焼けは防げても別の肌トラブルを起こしかねません。
正しい日焼け止めを使って、しっかりと紫外線対策をしましょう。

 

 

 

日焼け止めには、SPFとかPAとかいったものが有ります。
「SPF30、PA+++」という感じで容器など、どこかしらに記載されているのですが、
これらの意味をしっかりと知っておかないといけません。

 

 

まず、SPFというのは、「20分間を1として数値分の時間、日焼けを防ぐ」というもの。
SPF30なら、20×30で600分ということになりますので、10時間は塗り直しが要らないということになります。
PAというのは、「日焼けを防いでくれる度合い」というような物で、+の数が増える分だけ強い日差しでも日焼けをしなにくくなります。

 

どちらも日焼け止めを選ぶ重要な基準となりますが、
意外に勘違いされていることも多くこれによって別の肌トラブルを招く人もいらっしゃいます。
これらの数値が高ければ高いほど日焼け止めとしての性能は高いのですが、
当然そうなると肌への負担も大きくなってしまいます。
自分の肌の強さなどをしっかりと考慮して、適切な日焼け止めを選ぶ必要があります。

 

 

また、日焼け止めの塗り方というのも問題になります。
「日焼け止めは肌にも良くないので、薄くのばして使うもの」と考える方がいらっしゃるのですが、それは大きな間違いです。

 

 

薄くのばして使うと効果が薄れ、日焼け止めの意味がありませんので、
しっかりと適量を塗ることが必要になります。

 

 

塗る際には肌の保湿をしていると日焼けしづらくなりますので、
保湿を行ってから日焼け止めを塗るといった工夫をしましょう。

 

 

正しく使えば、日焼け止めが肌トラブルを招くということはありません。
正しく日焼け止めを使って、完璧な紫外線対策を心掛けましょう。

 

 

そして、外出時の紫外線対策をバッチリこなしたら、
自宅では、美白スキンケアをしましょう。
紫外線対策+美白スキンケアで、肌の透明度が一層高まるでしょう。

 

参考:QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」

このエントリーをはてなブックマークに追加