とにかく色白になりたい|蛍光灯にも注意!

日本人は日に焼きたくない人が多いですよね。
外国では日に焼くことがステータスな国が多いようです。

 

 

日本人は日に焼かない美白が美しい肌を保つとされていますよね。
美白になる為にはまず、
絶対に日に焼かない事が美白につながります。

 

 

紫外線を浴びると紫外線A派と紫外線B派がお肌にダメージを与えるのですが、
よく気にされるシミの原因は紫外線B派です。
紫外線B派を浴びると、
肌を守ろうとメラニンが働きメラニン色素を出してシミになります。

 

 

もっと恐ろしいのは紫外線A派です。
紫外線A派は真皮という肌の奥まで届いてしまいコラーゲンを傷つけて、
ハリや弾力を低下させてシワをつくります。

 

 

ですから、シミ、シワ、たるまないようにするには、
まず美白を意識しなければいけません。
肌を焼かない事が若々しい肌を保つ秘訣なんです。

 

 

では、どうやって日に焼かないようにするかというと、
外出をするときは必ず日焼け止めをぬり、日傘をさしましょう。

 

 

日傘も頭近くに下げてさすと更に紫外線をカバーしてくれるので、低くさしましょう。
サングラスは絶対にする。
目がまぶしいという反応をすると、
皮膚は守らないとという反応を起こすためメラニンを発生させてしまいます。

 

 

ですから、外出の時は必ずサングラスをしましょう。
お家にいる時も日焼け止めをぬっておく。
外だけでなくお家の中でも紫外線は降ってきます。
窓から外の紫外線は入ってきます。

 

 

窓ガラスから入ってくる紫外線は外にいる時とほとんどかわりません。
紫外線予防のものを窓ガラスに塗ったり、
紫外線を通さないカーテンにするのも方法ですね。

 

 

蛍光灯も紫外線が出ています。
虫が蛍光灯に寄ってきますよね。
虫は明かりに寄ってくるのではなく紫外線に寄ってきます。
ですから、
家の中にいても紫外線は浴びてしまうので面倒ですが日焼け止めを塗っておきましょう。

 

 

これだけで美白にかなり近づけます。
そんなに難しくないので、ぜひしてみましょう。

 

 

また紫外線対策だけではなく、スキンケアにも力を入れることで、
一層色白肌に近づけます。
オレンジの矢印QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」