20代のうちから始めよう!肌色を色白にするテクニック

紫外線が強い時期というと、
春先から夏の間くらい、というのが世間一般的なイメージかも知れません。
ところが、涼しい時期・寒い時期であっても、
変わらずに紫外線は出ているということを御存知でしょうか?

 

どんなに太陽が照っていない時期でも、実は紫外線はゼロではないのです。
そのため、紫外線対策は基本的に、1年中行うというのが理想です。

 

 

美白効果ももちろんそうですが、紫外線対策を常にきちんと行うことで、
肌細胞自身も健康になりますよ。
ですから、いつまでも肌の若々しさをキープすることができるのです。

 

 

涼しい時期・寒い時期であっても、
紫外線対策の習慣を、ぜひ毎日のスキンケアに加えてみてくださいね。

 

 

とは言っても、「どんな季節でも、常に日傘・サングラス着用」とか、
「美白効果の高い高価な化粧品を毎日使う」といったようなことは必要ありませんので安心してくださいね。
大切なのは、「無理なく毎日続けることができる方法を見つけること」です。

 

 

例えば日傘やサングラスについて。
この2つを両方使わなければならないのは、春先から夏の間くらいです。
少し日差しに陰りが出てきたら、日中だけ日傘をさすくらいで十分だと思います。
そして、冬場になったら、日傘をさしてまで紫外線対策をする必要はありません。

 

 

大切なのは、「大なり小なり毎日紫外線を浴び続けた肌を、しっかり毎日ケアしてあげる」こと

 

 

そのためには、
「メイクはしっかり落とす→しっかり保湿→美白成分の入った化粧品で、少しだけケア」という3本軸の作業が大切です。

 

 

特に、紫外線を浴びると肌が乾燥し、しみやしわの元になるので、
保湿が1番大切ではないかと思います。

 

 

又、美白用化粧品も、最近はプチプラでありながら、
肌に負担をかけ過ぎずに地道に効果を発揮するアイテムが増えてきました。
自分に合った価格・成分の美白化粧品を見つけ、毎日続けてみてくださいね。
数か月後の肌の状態が楽しみになってきます。

 

参考:QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」

 

 

紫外線対策はとても地道な作業であり、
美白に関しても1日2日では劇的な効果を出すことが難しいのですが、
諦めずに地道に続けてみてくださいね。
半年経ってみると、ケアをした肌・しなかった肌の差が明らかに大きくなります。