とにかく色白になりたいなら、美白成分に着目を!

両ほほに手のひらを当てて、リラックスした表情の女性

美白のための化粧品にはたくさんの種類があります。
その中から一つを選ぶことはとても大変で難しいことです。

 

 

値段の高い物であればそれなりに効果は高いのですが、
ある程度費用を抑えようと思うと、なおの事大変です。

 

 

肝心なのは美白成分を含んだ化粧品であるのかどうかということです。
商品名に「美白○○」と書いてあるから大丈夫という考え方は大きな間違いで、
美白っぽい物を選ぶのではなく、
本当に美白成分が入った化粧品を選ばなければなりません。

 

 

美白成分とは一体どんなものなの??

暑い日に汗がだらだら流れ落ちている女性

 

お肌は紫外線を浴びるとメラニン色素を作ります。
これをセーブする作用がある成分が美白成分なのです。
出来てしまったシミはなかなか消すことは出来ません。
美白に一番有効なのはメラニン色素を作ることを阻止することなのです。

 

 

その為にはどんな成分が入った化粧品を選べばいいのでしょうか。
その代表的なものがビタミンC誘導体です。
ビタミンC自体はお肌に吸収されにくい成分で、
それを吸収しやすいように変えたものがビタミンC誘導体なのです。

色白女性のデコルテ

 

抗酸化作用も持っており、
お肌の老化防止やニキビの炎症を抑えるのにも役立つお肌の強い味方です。

 

 

またメラニン色素を作りだす酸化酵素の働きを抑制する効果がある成分には、
アルブチン、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸などが挙げられます。

 

 

その他のメラニン色素の生成にかかわる作用を抑制する効果がある美白成分には、
カモミラET、リノール酸、油溶性甘草エキス、ハイドロキノンなどがあります。

 

 

油溶性甘草エキスはお肌の弱い人にも比較的使いやすい成分です。
ハイドロキノンは欧米で昔から使われていた成分ですが、
最近になって日本でも化粧品に配合されるようになった成分なのです。

 

 

オレンジの矢印シミにグッドバイ!ハイドロキノ高配合【ビーグレン】


このエントリーをはてなブックマークに追加