本当に日焼け対策できてる?化粧下地の二度塗りでUVカットは完璧!

春から夏の紫外線はとても強いですね。
そして、肌にダメージを与えてシミや小ジワやソバカスを作ってしまいます。
そんな、困った紫外線をとことん避けるための対策の話をしていきます。

 

 

いつもお顔の肌は服などに隠れられないので、紫外線に常に晒されているんです。

 

 

大体の方がUVカットの化粧下地やファンデーションでメイクをされていると思いますが、
実はそれだけでは肌を十分にバリアできていない可能性があるのです。

 

 

でも、対策方法は簡単です!
いつもササッと塗ってしまう化粧下地を二度塗りしてファンデーションの、
のせ方を変えるだけで完全に近い紫外線対策ができるのです。

 

 

 

 

化粧下地、二度塗りの手順は??

 

化粧水等で整えたお顔全体に化粧下地を馴染ませます。

 

肌に馴染んだら二枚重ねになっているティッシュを一枚に剥がして、お顔に乗せ、軽く押さえて脂分をオフします。

 

二度目の化粧下地を肌に馴染ませていきます。

 

化粧下地がお顔に馴染んだらファンデーションをのせていきます。

 

お顔全体にのせ終わったら、パフでトントンとファンデーションを密着させていきます。

 

最後に手で軽くお顔全体を包むように押さえます。

 

 

これで対策完了なんです!

 

 

下地を二度塗りする事で紫外線対策を強化して、
薄いティッシュで押さえることで余分な脂分を抑えてファンデーションがヨレにくくなります。

 

 

ファンデーションをトントンと密着させるのは、汗などでファンデーションを崩れにくくするためです。

 

 

それでも、夏場は汗で崩れてしまいがちですが、
ササッと下地やファンデーションを塗った時とは比べ物にならない程崩れにくくなります。

 

 

そうする事で、肌が紫外線に晒される時間が短くなるのです。
そして、崩れたなと感じた時は、
またトントンとファンデーションを塗り直してみてください。

 

 

こまめなお化粧直しも、紫外線対策に繋がるんですよ。

 

 

日中紫外線を浴びているので、自宅に戻ったらスキンケアを怠りなく!
色白肌になるためには、日々のケアの積み重ねですよ。
参考:QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」


このエントリーをはてなブックマークに追加