日焼けは色白の大敵!紫外線の強い時間帯の外出は避ける

女性にとって、多くの人が悩んでいることといえば肌のくすみや日焼けや肌の透明感の無さが挙げられるでしょう。
色が白かったり、肌が綺麗で透明感がある人は若々しく見られることも多いです。

 

 

顔立ちがとくに綺麗では無い人であっても、
色白は七難隠す』という言葉が昔から日本では伝わっているように、
美しく見られることはありがちです。

 

 

紫外線が多い時期・時間帯は?

美白を目指すための基本は、普段から紫外線対策を出来るだけ頑張ることです。
紫外線は365日、たとえ雨や曇りの日であっても降り注いでいます。
一般的には5月から8月にかけての夏場が紫外線が一番多いシーズンですが、
それ以外の時期であっても油断は大敵です。

 

 

冬場であってもゲレンデなどスキー場は非常に照り返しが強いので物凄く日焼けしやすいですし、
外でスポーツ観戦をしたり遊園地で遊ぶときなどには、
秋や冬でも紫外線ケアを徹底するのが大切です。

 

 

時間帯では10時から2時ごろはかなり強烈な紫外線が降り注いでいることが多く、
美白にこだわる人はこの時間帯の外出の際には日傘や日焼け止めクリームによるUVケアを徹底したり、
買い物やウォーキングや外仕事や庭のお手入れなどは紫外線が強い時間帯からずらすといった方法がおすすめです。

 

 

また、紫外線を浴びてしまっても日焼けしづらい肌になるためには、
ビタミンCを意識して毎日摂取したり、美白サプリメントを活用すると安心です。
参考:ビタミンC1,000mgに加えL-システイン最大量240mg配合『ミルセリンホワイトNKB』

 

 

ビタミンCは美白には欠かせない成分ですが、
水溶性ビタミンで体内に溜められない成分なので、
継続的にフルーツや野菜やサプリメントや栄養食品などを活用して摂取することが大切です。

 

 

外をたくさん歩いて紫外線を浴びた日は、
いつもよりも化粧水の量を増やすなどして徹底した保湿を心がけたり、
日焼けが酷い場合には冷却をするようにしましょう。
参考:QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加