知らなきゃ損する洗顔法

美しい白い肌っていいですよね。
男性にも人気がありますし、上品にみえます。
色の黒い服を着ると肌の美しさが一層引き立ちますから、肌の白い人はとても得なんです。

 

 

春や夏は紫外線が大量に降り注ぎ、
その上、不摂生な生活や若い時の遊びすぎ日焼けのしすぎ、
ジャンクフードやファストフードなどの偏った食事に、車の使い過ぎや、会社や家のこもりすぎによる運動不足など、
肌を悪くする要素は生活する上でたくさんあります。

 

 

 

「じゃあ美白になりたいから化粧品を使えばいいでしょ?」
という単純な結論を出す人がとても多いのですが、
化粧品使ってさえいればいいというわけではないのです。
美白を保つにはスキンケアが大事で、方法を間違っている女性もとても多く見られます。

 

 

スキンケア方法を誤ると、使ったお金と労力が無駄になってしまう

では、スキンケアの方法を誤らないためにでは何が大事なのでしょうか?
その答えは保湿です。
肌に含まれる水分の量を多いまま保つ保湿をきちんと行わなければ、
化粧品や美白対策の大半が水の泡になってしまいます。

 

 

まずクレンジングで肌についた一日の汚れをしっかり落としましょう。
皮脂などはきれいに落とすことで、化粧品をつけた時の輝きが変わってきますので大事な作業です。

 

 

 

洗顔で気を付けるのは、洗顔フォームの泡でやさしく洗うことです。
泡でゴシゴシする人を見かけますが、肌が傷ついて、老化や劣化のの原因になりますし、
こすらなくても洗顔フォームは汚れを吸着する性質がありますから、
なでるくらいで十分で、力を入れないほうが良いのです。

 

 

 

洗顔の後には化粧水で保湿をしましょう。
手でやさしく肌に吸い込ませ、最後には美容液や乳液を塗り、水分を閉じ込めるのがコツです。 

 

 

 

このように、それぞれの段階でスキンケア用品の役割や、
保湿を意識することでだいぶ肌の美しさが変わってきますよ。
正しい方法をおためしあれ。

 

 

色白肌に近づくスキンケア化粧品をお探しの方には、
アンプルールをおすすめしています。
皮膚科医が開発しているので安心ですし、新安定型ハイドロキノンという美白効果がとても高い成分が配合されています。
参考:シミにグッドバイ!QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」


このエントリーをはてなブックマークに追加