紫外線で日焼けするメカニズム

「色白の大敵は紫外線!」
よく耳にする言葉ですね。

 

 

 

きっと多くの若い女性が、私にはシミがまだないから美白化粧品は使わなくていいはずと、
思ってらっしゃるのではないかと思います。
でも、それは将来のお肌にとってはダメなことなんです。

 

 

 

 

 

 

紫外線で日焼けするメカニズムは?

 

シミのもとは、皆さんがよくご存知のメラニンですよね。
肌は紫外線を浴びると、
シミのもととなるメラニン色素を生成します。

 

 

 

 

実はこのメラニンは、紫外線に当たることで、その紫外線からお肌を守ろうと思って、
一生懸命に働いてしまうのです。
メラニン色素は、紫外線を遮断する力が大変強く、
肌の保護という大切な役割を担っています。

 

 

 

 

ですので、そのままなんのケアもしないで放っておくと、
どんどんとお肌の下でシミのもとが作られてしまうのです。

 

 

 

 

紫外線は有害です。
浴び過ぎてしまうと皮膚がんになる恐れもあります。

 

 

 

 

 

しかし、このメラニンが肌に残ってしまうころで、
シミができてしまうのです。

 

 

新しいシミなら対処できる!

人間の細胞は、1ケ月弱の周期で生まれ変わっています。
ですから、お肌の新陳代謝が活発ならば、
ターンオーバーサイクルが過ぎたころには、
メラニン色素は、垢や角質となってはがれおちるものなのです。

 

 

不規則な生活を続けていたり、
ストレスにさらされていたり、
ビタミンやミネラルが不足していると肌機能が低下し、
代謝が悪くなってしまいます。

 

 

 

そうなるとシミが消えずに残り、
年を重ねるごとに増えていってしまうのです。
5年後、10年後後悔しないためにも、
若いうちからしっかりケアしていきたいですね。

 

 

美白化粧品で色白陶器肌に!

ビーグレントライアルセット

消えずに残ってしまったシミも、美白効果のある栄養素をこまめに摂取したり、美白化粧品を使うことで根気強く対処していきましょう。

 

 

 

 

この美白化粧品こそ、このメラニンの働きを抑えてくれるものなのですよ。
紫外線に当たって一生懸命に働いてしまっているメラニンを、
抑えこんでくれるので、美白化粧品はとても大切な役割を果たしてくれているのです。

 

 

 

 

 

美白スキンケアを始めるには、遅いということはありません。

 

 

 

 

今日はちょっと紫外線に当たり過ぎたかしらという日は、
バスタイムの湯船に浸かっている時間を利用して、
美白化粧品をたっぷりコットンに含ませたパックがオススメです。

 

 

 

ポイントとしては、頬の部分がシミができやすいですので、
そこを中心にパックをしてみて下さいね。

 

 

参考:色白になりたいなら、ビーグレンを!配合されている美白成分は何?
参考:美白に効果のある栄養素は??


このエントリーをはてなブックマークに追加