シミの原因と種類は?

シミの主な原因といえば、紫外線です。
日差しの強い時期ですと、日傘やサングラスを使っている方を多く見かけますよね。

 

やっぱり女性たるもの、色白をキープしたい。
焼けたくない。

 

ですから、紫外線は、できる限り浴びないようにしたいですね。

 

 

その他の原因としては、以下のものが挙げられます。

 

  • 女性ホルモンの分泌異常
  • ストレス
  • 炎症
  • 加齢

 

女性ホルモンが多いと、シミの原因であるメラニン色素が作られやすくなります。
排卵から生理までの間や、妊娠中は女性ホルモンが特に多い時期となりますので、
いつも以上に紫外線を浴びないよう注意したいですね。

 

 

外で日差しを浴びた日は、いつも以上にたっぷり肌に愛情をかけてあげましょう。
参考:QuSome化ハイドロキノン配合「ビーグレン」

 

 

あなたは、シミの種類を知ってますか?

  1. 肝班
  2.  

    一般的に「シミ」と呼ばれるもの。
    褐色のシミ。

     

    メラノサイトが繰り返しメラニン色素を生成して、
    沈着してしまったもの。

     

  3. そばかす
  4.  

    メラノサイトそのものが、
    日焼けで変質したもの。

     

    紫外線に長時間さらされると
    そばかすの数が多くなったり、
    濃さが増します。

     

     

  5. スポット班
  6.  

    年輩の方の額から頬にかけて見られるシミで、
    原因は確定されていません。

     

    可能性として、加齢による皮膚の変化と言われています。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加