飲む日焼け止めサプリって本当に効果があるの?【焼けない仕組み】

百害あって一利なしと言っても過言ではないのが、紫外線。
シミやそばかす、しわやたるみ等など…紫外線がもたらすお肌への影響は、計り知れませんよね。

 

だからこそ、ほとんどの女性がUVケアミルクや日傘等を駆使して紫外線からお肌を守っていることと思います。
最近では、腕の日焼け対策としてアームカバーをつけている女性も多く見かけますよね。

 

そんな中で、近年注目を集めているのが“日焼け止めサプリ”です。
いわゆる“飲む日焼け止め”ですよね。

 

今回はこの日焼け止めサプリにフューチャーを当てて、実際問題本当にお肌に効果があるのか?!
そしてどういった仕組みでお肌が焼けないのか?

 

初心者さんにも分かりやすく、解説していきたいと思います。

 

そもそも日焼け止めサプリってどんな製品なの?

まず最初に日焼け止めサプリの存在をご存知ない方のためにも、詳細を簡単にご紹介していきたいと思います。

 

日焼け止めサプリとは?

  • 栄養補助系のサプリ同様、飲用することで内側から美容・健康ケアができるサプリメント。
  • 販売しているメーカーにもよるが、多くの日焼け止めサプリがビタミンCやポリフェノールを豊富に含んでいる為、抗酸化作用が期待できる。
  • 紫外線保護作用が認められている“ニュートロックスサン”を必要量含んでいる場合、“日傘サプリ”という商標登録が使用されている。(使用が許可されている)
  • 朝飲むだけで日焼けの働きを実感できる為、塗るタイプの日焼け止めのように塗りなおす必要がない。

 

うーん…読むだけで、いかにも効果がありそう!

 

とはいえ、日焼け止めクリームは実際にお肌を覆うから、日焼け止めの効果があるのは何となく想像できますよね。

 

ですが日焼け止めサプリの場合は、サプリを飲むだけ。
お肌を覆ってくれるわけでもないのに…本当に日焼け止めの働きが期待できるんでしょうか?

 

どうして飲むだけで日焼け止めができるの?

さて、日焼け止めサプリの基本的なデータは何となくご理解いただけたかなと思います。
では一体、どうして飲むだけで日焼け止めができるのでしょうか?

 

その理由はずばり、抗酸化作用成分が含まれているからなんです。
もちろんこれは先ほどもお話しした通り、販売しているメーカーによっても異なってきます。

 

ですが、大半の場合は“抗酸化作用”の成分が配合されています。
抗酸化作用とは、簡単にいうとお肌のさびつきを防止してくれる成分です。

 

抗酸化とは?

私たちは、太陽(=紫外線)を浴びると体の中に活性酸素を発生させてしまいます。
勿論、活性酸素は必ずしも悪者という訳ではありません。

 

体内に侵入してきた細菌から、身体を守ってくれる働きだってある。

 

ですが過剰に発生してしまうと、今度は私達の体に悪さをしてしまいます。
この悪さが、身体をさびつかせてしまうという事。

 

具体的にいうと、シミやそばかすを作りだしてしまったり、しわだってもたらしてしまうんです。
老化の原因の一つになってしまうんですね。

 

つまり日焼け止めサプリを飲むことで、体内に抗酸化成分を摂りいれれば、酸化を防いでくれるということ。
結果として、紫外線によるシミそばかす、しわを防いでくれるという訳なんですね。

 

紫外線保護作用がある “ニュートロックスサン”とは?

抗酸化作用の成分―これにはビタミンCやポリフェノールなど数多くの栄養素が該当します。
中でも注目すべきなのは、前述でもご紹介したニュートロックスサンです。
詳しく見ていきましょう。

 

ニュートロックスサンって何者?

  • シトラス&ローズマリーから抽出された天然のポリフェノールの事。
  • スペインの大学10年以上の研究を経て生まれた天然由来の成分。
  • 高い抗酸化力を誇る。
  • 飲み続けることで、紫外線からの保護力がアップするという研究結果もある。(1日に250mgを約3か月間飲用することで、50%以上の保護力がアップした。参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24815058)
  • 紫外線によって肌に発生する炎症も抑えてくれる。

 

しっかりとした研究結果があるのも、私たち消費者からすると嬉しい点ですよね。
“日傘サプリ”というしっかりとした商標登録がなされているのも、うなずけます。

 

ちなみに今回は日傘サプリのメイン成分として、ニュートロックスサンをご紹介しましたが、一方で“PLエキス”という日焼け止め対策成分も注目を集めています。

 

PLエキスは、もともとは悪性腫瘍の治療に用いられてきた植物から摂れたエキスです。
ニュートロックスサンと同様で、紫外線により発生する活性酸素を除去してくれます。

 

いずれにしても、どちらも天然の植物由来の成分です。
ご自身のアレルギーや、販売商品に含まれているその他の成分のプラスアルファのメリットなどからチョイスしてみましょう。

 

(※配合成分(例*ローズマリーなど)によっては、妊娠中や産後の服用をお勧めしていない場合もあります。
必ず事前に販売メーカーに確認しましょうね。)

 

塗る日焼け止めは必要ないの?

じゃあ日焼け止めサプリを飲めば、塗る日焼け止めは必要ないのかといえば…ずばり答えは“ノー”。

 

完ぺきな日焼け止め効果を期待したいのであれば、内側からも外側からもケアしてあげるのがベストと言えるでしょう。

 

もちろん、メーカーによっては最初の2〜3週間程度のみ塗る日焼け止めと併用して、そのあとは単体でも大丈夫!としている場合もあります。
(飲んですぐに効果が出始めるのではなく、継続することで働きを実感しやすくなるため。)

 

ですがサプリメントは飲み忘れることだってあったり、働きは個人差が生まれやすいものです。

 

ですので、特に紫外線が強くなる春先の5月から夏の8月くらいまでは、これらの日焼け止めだけではなく日傘やサングラスも使ってあげるのがおすすめです。

 

そうすることで、うっかり焼けなんてこととは無縁になるはずでしょう♪

 

ちなみに…飲むサプリメントはお水や白湯で飲むようにしましょうね。
お茶やコーヒーで飲んでしまうと、カフェインの影響で働きが半減してしまう可能性もありますよ。

 

わたしがオススメするのは、「リブランコート」です。
1度チェックしてみてくださいね(^^♪