光老化で起こる活性酸素と自然老化のメカニズムとは?

年を重ねると人は自然に老化していきます。
老化によってシミやシワなどが引き起こされますが、その老化を早めてしまうのが太陽光に含まれている紫外線が悪いということは広く知られています。

 

 

自然老化は誰にでも起こる老化現象です。

 

 

 

生理的要因によって細胞機能や新陳代謝が低下することで、皮膚の細胞や構成成分に少しずつダメージが蓄積していき、肌のハリがなくなって小じわができる、老人性色素斑いわゆるシミができやすくなり、潤いが減っていき肌荒れしやすくなる、筋力が衰えていくなどの状態になってしまいます。

 

 

これは年齢を重ねる上で、必ず起きる現象です。
自然老化を防ぐことは不可能ですが、スキンケアや生活習慣を工夫することによって進行を遅らせたり、状態を改善したりすることは十分に可能です。

 

 

しかし、問題なの自然老化ではなく紫外線による光老化がシミやシワなどを引き起こすとされています。
老化のメカニズムとして細胞の衰えなどは老化の約20%で、シミやシワの原因の約80%は光老化が原因であると考えられています。

 

 

つまり、年を重ねたからシミやシワは仕方がないと諦める前に紫外線対策を行なうことによって改善や予防するということができるのです。

 

 

 

ひとことで、光老化の原因となる紫外線といっても波長によってUVC、UVB、UVAに分けることができます。
UVCはオゾン層に阻まれて地表までは届かないため問題なのは、UVBとUVAが問題となります。

 

 

UVBは肌に与える影響の大きい紫外線です。
主に、表皮に強く作用する紫外線で、日差しを浴びて数時間後には肌が赤くなり炎症を起こしてしまいます。

 

 

また、メラニン色素の生成を促進させてしまいシミやソバカスの原因となります。

 

 

がんの発症する原因にもなる紫外線ですが、皮膚に浴びることによってカルシウムの吸収を抑えたり血液中のカルシウムを一定保つなど骨にとってプラスになる働きをするビタミンD3の合成も行ないます。

 

 

そして大きな問題となるのがUVAです。
UVAは表皮層の下にあるメラニン色素を生成する細胞であるメラノサイトを刺激をします。

 

 

メラノサイトが刺激されればメラニン色素が作り出されるようになり、メラニン色素が皮膚の表面にまで現れれば皮膚が赤くなったり黒くなったりします。

 

 

一時的な日焼けであれば時間とともに肌のターンオーバーによって元に戻りますが、毎日紫外線を浴び続ければターンオーバーが間に合わないほどにメラニン色素が作り出され、蓄積されていきます。

 

 

蓄積されたメラニン色素は色素沈着していき、シミとなってしまうのです。

 

 

ほかにも、UVAは真皮にも到達することが分かっています。

 

 

真皮には肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチンなどが存在していますが、紫外線によって刺激を受けることでこれらの潤い成分が壊れていってしまいます。

 

 

コラーゲンやエラスチンを作り出すための線維芽細胞もUVAによって傷を付けられてしまい機能が弱くなってしまいます。

 

 

さらに、UVAは活性酸素を発生させることが分かっています。

 

 

活性酸素はコラーゲンやエラスチンを酸化させてしまう作用があり、このような効果によって真皮で肌を支える機能が弱くなることによって肌表面のハリが失われてシワやたるみなどが引き起こされるのです。

 

 

活性酸素は美容だけではなく、健康にも影響があることが分かっています。

 

 

体内の細胞を酸化するため、細胞の機能を低下させて病気のリスクも高めます。とくに動脈硬化や脳卒中、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、がんを引き起こすことなどが知られています。

 

 

紫外線が肌に照射されると活性酸素が生じるため、それが細胞にダメージを与えることで老化を進めてしまうのです。

 

 

光老化を防ぐためには、紫外線の影響を少なくしていくことが大切です。

 

 

ケアの方法としては、一番手軽で効果的なのが日焼け止めの使用になります。出かける前には必ず日焼け止めを塗り、こまめに塗り直すことが基本となります。
最近、「飲む日焼け止めサプリ」が大変話題になっているので、それを使ってみるのも良いでしょう。

 

 

ほかにも、外出する場合にはサングラスをかけたり、帽子を被る、日傘を使用することなども紫外線を防ぐためには有効です。

 

 

また、日焼けをしてしまった後のケアも重要となります。
日焼けしてしまった直後であれば、まず冷やすことが効果的です。

 

 

日焼けとは軽度の火傷状態ですので、できるだけ早く冷やすことでその後の症状が異なってきます。

 

 

日焼けが酷くて痛くてしょうがなかったり、水泡ができたという場合には皮膚科の受診をおすすめします。

 

 

美容皮膚科での治療としては、紫外線を過剰に浴びた後のケアとしてビタミンCやタチオンなどの抗酸化物質の飲み薬やサプリメントなどが処方されます。

 

 

自宅でできるケアとしては、低刺激な化粧水などをたっぷり使って保湿していきます。

 

 

化粧水がしみる場合には軟膏などを塗り、足りないと感じる場合には美白有効成分などが入った美容成分入りのパックをしていきます。保湿が終わったらクリームなどで油分を補給します。

 

 

体力も消耗しているため、しっかり水分補給を行なってしっかり睡眠をとっていくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加